内藤VS亀田長男

内藤VS亀田長男

TBSは良い試合だったと煽っているが、内藤が自爆してるだけに見えるしょっぱい試合だった。


内藤は足をよく使い、上体も大きく使って上下左右に打ち分けるタイプのパワーファイターになる。


対する亀田興毅は、派手な言動とは裏腹に徹底的にディフェンシブな選手。サウスポーでガードを固めて亀になっているから、右利きの選手からすると右ストレートや右フックが届き難い。


届き難さにジレて手を出すと、TBSがノーモーションの目にも止まらないと言っている例のブシーッパンチをもらってしまう。


興毅のように足がなくてディフェンシブな選手は、相手が打ってこない場合はすごく消極的に見えてしまうので、判定上 アスタリフトホワイト 口コミの印象は良くない。


すごくプレッシャーのかけかたが上手いならば、足がなくて手数もなくても相手を追い込んでいけるが、興毅はパンチの種類があまりなく、ハードパンチャーってわけでもないので、相手が上手く絡んでくれないとひどく単調な試合になってしまう。


ガードを固めてると手を伸ばし難く、手数も出しにくいので、相手がジャブが上手くて、明確にポイント狙いでくると、足のなさも手伝って、興毅のスタイルではジリ貧になってしまう。


世界タイトル級のテクニックがある選手ならば、興毅対策は別に難しいことではないので、あのガードを崩してKOで勝とうと欲張らずに、アウトボックスして判定狙いで行くと決めて挑めば、全く難しい相手ではない。


ただしそれはジャッジが公正でイーブンな場合。
ジャッジが亀田寄りだと、アウトボクシングして互いにさしたる有効打なしということになると、手数で勝ったとしてもふつーに亀田の判定勝ちになってしまう。


ジャッジが亀田寄りだと分っているならば、あのガードに飛び込むのはマズイと分っていても、懐に入って打ち合わなければ自分の勝ちはないということも分かる。


そういう縛りがあって、無理にでも打ち合いに行かなければならないとなると、ガードを固めて相手が飛び込んでくるのを待っている興毅の方が断然有利ということになる。


それにしても今日の内藤は単調にガードの上から叩くばかりで、左右上下の打ち分けが上手い内藤にしてはお粗末な内容だった。


フットワークはよく動いていたし手数も多かったから、見た目は派手で盛り上がったが、あんな力任せにガードの上から叩いてるだけで変化のないボクシングでは、文字通り亀になってる興毅に当たるはずがない。


興毅からしたら、ガード固めて待ってれば単調に入ってくるだけなのだから、ずいぶん楽な試合だっただろう。


まぁプロの格闘技ってのは興行なんだから仕方ない。興行としては大成功だろう。TBSが望む亀田復活ストーリーにキレイに乗っている。TBSは最近左前で予算がないから、そういうストーリーを演出するのは無理なんじゃないかと思っていたが、そういう時代だからこそドル箱のスターは大事にしたいということかも知れない。



興毅、判定で内藤破り王者に



判定だと亀田有利だと分ってるから、内藤は拙速な攻めをしたのかも知れないですねぇ。

今日のニュースを見ると、JBCが指定したリングアナをTBSが勝手に差し替えようとした上に、試合後は勝者の名前だけ読んで判定の点数は言うなとTBSから指示が出ていたそうで、判定の試合なのに点数言わないなんて有り得んとブチ切れて、リングアナは独自判断で点数読み上げたとのことでした。


内藤は手数が多くてバンバン打ち込んでたんで、普段からボクシング見てる人じゃなければ、派手で盛り上がった試合で喜んだと思いますよ。バイクのレースで転倒や接触が多い方が、バイク乗らない人にとっては盛り上がるように。。。


WBCフライ級は暫定王者になっちゃってるなんかよく解らん政治的な階級だから、上手くやっちゃいそうな気もしますねぇ・・・
亀田の試合は競技じゃなくてステージライブだと思ったほうが良いですね。